長野市で住宅の注文住宅・リフォーム・工事なら関建設工業

instagram

こだわりの家づくり

HOME / こだわりの家づくり

お電話での
お問い合わせ
フォームから
資料請求
友だち追加で
お問い合わせ
SCROLL

高耐震・高耐久へのこだわり

  • 土台・柱や梁は天然無垢材使用
  • 孫の代まで住める高水準の耐震性能
  • すべて4寸角(12cm)以上の芯持ち材採用
  • 強固に面で支える「ベタ基礎」採用

関 建設工業では、土台・柱・梁(構造材)など、すべてにおいて湿度調節や断熱性にも優れた天然無垢材を使用しています。耐震壁(ダイライト壁倍率3.0倍)を使用し、木造住宅では高水準の構造であり孫の代まで住める高耐久な住まいです。

一般的に柱の太さは、3.5寸(10.5cm)角あれば十分といわれています。しかし当社では、すべて4寸角(12cm)以上の心持ち材を採用。それにより木材の断面積は1.3倍、その耐力は1.64倍にアップします。そして各柱の柱頭、柱脚には、適切な金具を使って建物の強度を高めます。

また、建物の基礎は「ベタ基礎」を採用しています。一般の木造住宅で用いられる基礎工法には「布基礎」と「ベタ基礎」があります。「布基礎」は建物の外周や部屋の壁間仕切り底部などに延ばす連続した基礎で、家の重さを「線」で支える構造です。 それに対し「ベタ基礎」は建物の底部全面に鉄筋を配筋しコンクリートを打設することにより、建物の重さを「線」ではなく「面」で支えるため荷重を分散する効果があり、地盤の影響を受けにくい強固な基礎に仕上がります。

職人へのこだわり

  • プロ意識のある確かな腕の職人を採用
  • 年間10棟に限定して行う納得の仕事
  • 現場担当者は必ず熟練の大工がいる

皆さんは、”職人”と聞くと、どんなイメージを抱かれるでしょうか。
一般的に職人といわれる仕事は、一人前になるまでに多大な時間と努力が必要とされます。誰にでもなれるというものでもなく、厳しい修行も必要です。体力面でも厳しく、もちろん楽な現場ばかりではありません。
たとえどんなに良い設計で、どんなに高価な設備を備えた家であったとしても、職人の確かな腕がなければ決して良い家をつくることはできません。

関 建設工業の職人は、自分の仕事に誇りをもっています。そして、たくさんの物づくりを共にしてきたことで築いた信頼があります。
少々の無理なお願いも快く引き受け、期待以上の仕事をしてくれます。なぜなら職人も”自分の仕事でお客様に喜んでいただきたい”その想いが強いからです。こんな職人たちと協力して、全力で皆様の家づくりに携わってまいります。

コストへのこだわり

  • 関建設工業の家づくりはすべて注文住宅
  • ライフスタイルやご予算に合ったご提案
  • お客様の大切なお金を無駄にしない
  • コストパフォーマンスに優れた家づくり

関 建設工業の家づくりは注文住宅です。「注文住宅ってオーダーメイドだから高いのでは?」 そう考える人も多いでしょう。家族構成やライフスタイルによって、必要な物と不必要な物が、お客様によってすべて違います。必要ではない物を省けば、その分安くなりますし、必要のない高価な材料も部分的にランクを下げることも価格を下げる手段になります。注文住宅とは、お客様の生活や希望、予算などを納得のいくまで相談し、ベストな家づくりをすることだと考えています。

大手ハウスメーカーでは、家族構成やライフスタイルに合わせて、オプションの追加や大幅な変更をすると余計高くなる事があります。家にライフスタイルを合わせるのではなく、ライフスタイルに家を合わせることが注文住宅のコンセプトです。私どもはお客様の大切なお金を無駄にしないために最善の提案をいたします。

また、私どもは、地元の皆様及びOB施主様からの信頼とロコミでお仕事をいただき、今日に至っております。いつでもご覧いただけるモデルハウスもございません。ムダなコストをかけず、その分を家づくりに還元することによって、コストパフォーマンスに優れた家づくりをめざしています。

安心へのこだわり

  • 長野の工務店として培われた信頼と実績
  • 自社の施工管理技術者が対応
  • 10年の保証、JIO住宅瑕疵保険で安心

関 建設工業はこの長野の地で工務店として35年。年間100件以上の住まいづくりに携わってきた地元での信頼と実績があります。職人たちの確かな技でお客様のご要望にお応えします。
また、施工管理は自社の施工管理技術者が行います。したがって、万一トラブルが起こっても担当者が直接伺い、すばやく対応することができます。

新築に当たってご心配なのが瑕疵や欠陥などのトラブルかと思います。関 建設工業では家を新築して10年の間、住宅のなかでも特に重要な部分である「構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分」に生じたトラブルを保証する新築住宅瑕疵保険に加入しています。
この保証をうけるにあたり、公正中立な第三者機関であるJIOによる検査を各工程で計3回うける必要がありますので安心して家づくりを進める事が出来るのです。