長野市で住宅の注文住宅・リフォーム・工事なら関建設工業

instagram

代表挨拶・会社概要

HOME / 代表挨拶・会社概要

お電話での
お問い合わせ
フォームから
資料請求
友だち追加で
お問い合わせ
SCROLL

代表挨拶

代表取締役 関 茂正

昔ながらの家づくりは土に還る
エコロジカルな素材でした。

私、関 茂正は昭和43年、長野工業高校・建築科を卒業し、千広建設さん、長野ハウスさんで17年間建築の勉強をさせていただき、昭和60年に関建設工業の名前で独立いたしました。

当時は高度経済成長のピークが終わりの時期で、古くからの伝統の「木と土と紙と草」を使う建築からは遠のいておりました。しかし、昔ながらの家づくりで使われていた素材は、現在広く使われている新建材とは異なり、手入れをしてあげればいつまでも長持ちし、土に還るエコロジカルな素晴らしい素材ばかりだと感じています。

モデルハウスはありません、広告費もかけません。
その分、腕のいい最高の職人を雇っています。

家づくりを実際にしていくのは、大工の棟梁はじめ、多くの職人さんたちです。基礎の配筋、屋根瓦、防水、電気の配線、水周り設備の配管、クロス貼り、左官、外壁、建具などそれぞれの職人さんがいます。これらの職人さんの技量を集約したものが、お客様の家となります。
いい家づくりをしようとしたら、必ず腕のいい職人さんが必要になってくるのです。

私の会社は、決して規模の大きな会社とはいえません。いつでもご覧いただけるモデルハウスもありません。事務所も狭いですし、営業マンもおりません。広告宣伝費も微々たるものです。しかし、こういった経費を削減して浮かした費用で、腕のいい最高の職人さんを雇っています。

納得のいく仕事をするため、新築は年間10棟に限定。
現場には必ず熟練者複数人が担当しております。

現在、五組の大工さんに協力してもらっていますが、新築に関しましては、年間10棟に限定してお仕事を承っております。大工さんにじっくりと納得のいく仕事をしてもらいたいからです。
現場も熟練3人、若手2人がそれぞれ担当しております。

当社の現場スタッフは一棟一棟にお客さまと同じ、想いを込めた家づくりをするよう心がけています。私は最終的にこの想い、そこに住む家族の想い、設計者の想い、職人の想い、現場担当者の想い…この想い入れが強いほど良い家ができると信じているからです。

住宅というのは大変大きな買い物です。ですから、皆様には建てた後で後悔だけはしてほしくないのです。ぜひ、しっかりとした知識を身につけ、ある程度時間をかけて計画を進めていってください。

会社概要

社名
関 建設工業株式会社
住所
長野県長野市青木島町大塚1490
代表者
関 茂正
設立
昭和61年
電話番号
026-285-3525